お客様の声

コロナ関連について

大阪府の休業支援金や持続化給付金といった情報を早期に案内いただき、申請書類の準備等も手伝っていただいた結果、コロナの影響による苦しい状況から資金面で安心することができました。

飲食業
普段からの毎月の巡回監査により、月次の入力や資料等の確認もきっちりと行っていただいていため、初めての日本政策金融公庫からの借入も待ち時間なくスムーズに行うことができ、融資を問題なく受け入れることができました。

製造業
休業要請がでる前より、様々な支援策を案内いただきました。日本政策金融公庫の融資も案内が出るとともに即座に申し込みをするように支援していただいた結果、約2週間ほどで面談及び入金までが完了しました。
また、セーフティネットでの借入に関してもTISC等により最新実績を確認していただいたうえで、取引金融機関と連携を取り、素早い融資対応を支援していただきました。
その結果、従業員の雇用と店舗の存続を維持することができました。


飲食業

その他

今までは源泉所得税や住民税など、手書きで納付書に記入後、金融機関の窓口で支払いを行っていましたが、電子納税かんたんキットをご案内いただき、事務所で納付書の作成から支払いまでできるようになりました。納付書に記入したり銀行に行く手間が省け、事務効率があがりました。

専門サービス業
法人成の支援をしていただき、自計化の指導を行っていただいた結果、資金繰りやリアルタイムでの損益の把握と今後の計画の立て方など、数字が見える化して、会社の成長をサポートしていただきました。

建設業
2年ほど前より業績が悪化し、借入金のリスケを何度か行ってきましたが、銀行側から今後の返済計画及び経営計画を作成してほしい旨の連絡があったため、8年後までの経営計画書の作成を一緒に行っていただきました。その資料を基に銀行担当者と面談を実施し、毎月無理のない返済額でのリスケを組むことができました。

小売業
新規設備投資や所得拡大税制などの各種税額控除の案内をしていただきました。最初は内容が全然わかりませんでしたが、わかるまで何度も丁寧に教えていただけました。結果的には税負担が軽減でき、そういった制度を教えていただいてよかったです。

卸売業
個人事業主として2期事業を行った後に法人成をしました。そこで借入を受けるために経営計画を策定するも自社だけでは策定ができず、当時の税理士さんに相談するもなかなか進めてもらえませんでした。
そんな中、ご紹介でMSC税理士法人に相談に来られました。認定支援機関として、中小企業庁の「早期経営改善計画」をご提案いただき、計画の作成等、ともに進めていただけました。1ヶ月ほどで経営計画書の作成が完了し、日本政策金融公庫をご紹介いただきスムーズに借入ができました。


デザイン業